通信教材

Z会の無料資料請求まだしてない?豪華教材サンプルがもらえる!

Z会の幼児コースの資料請求もうしましたか?

実際に届く教材をイメージしやすくてかなり興味を持てる内容となっていました!

  • 資料請求で貰える教材
  • Z会のメリット・デメリット
  • 他の教材との違い

を、知りたい方はぜひ最後まで読んでみてください♪

>>Z会の無料資料請求で教材サンプルをもらおう!

Z会の教材サンプルに挑戦した長女

  • 9月生まれの年少さん
  • プリンセスなど可愛いもの大好き
  • ブロックやパズル、お絵かきが好き
長女

新しいワーク届いたの?!嬉しい!!

Z会幼児コースの無料資料請求で貰える教材サンプルは?

資料請求から4日ほどでポストに届いていました!

通常、資料請求から1週間程度で届くようです。

今回、年少さんの長女のために資料請求したので年少向けの内容で届きました。

封筒の中身は各種お知らせ等の案内のほかにめいろ』『お試し教材はやわかりガイドが含まれていました。

お試し教材はやわかりガイドの中身

お試し教材はやわかりガイドはビニールの袋に入っていました。お試し教材早わかりガイドの中身が実際に届く教材の簡易版のような感じです。

  • ぺあぜっと(親子で一緒に楽しむ体験課題)
  • ぺあぜっとi(保護者向け情報誌)
  • かんがえるちからワーク(親子で取り組むワーク教材)
  • いっしょにおでかけブック(絵本型教材)

ぺあぜっと(親子で一緒に楽しむ体験課題)

「ぺあぜっと」というのがZ会幼児コースの体験課題。

今回資料請求で届いた体験ワークは

  • 洗濯バサミで動物を作る体験ワーク
  • バナナをトースターで真っ黒に焼いてみる

この2つでした。

子どもがワクワクする体験ワークが詳しく載っています。

焼いたバナナが熱いか確認中(笑)
むしゃむしゃ♡

焼いたバナナ甘ーい♡

長女

「ワクワクする(好奇心)」そして「どうなるのか知ろうとする(探究心)」これが基礎をつくる幼児期にとても大切なことです。

Z会では「あと伸び力」を身につけるというのをテーマにしているようですが、まさにその通りだなと思いました。

※ぺあぜっとお試し教材は通常号のおよそ半分の量です。(2つの課題でした)年少向けの通常号は1ヶ月分で4つの課題があります。年中、年長でさらに課題が増えます!

 

ぺあぜっとi(保護者向け情報誌)

ぺあぜっとの解説やワークの解説が載っていますので、実際にワークなどをやる前に保護者の方が読むとより良い学びにつながる内容になっています。

ぺあぜっとiを先に読んで内容を知った上でワークをやるのと知らないでやるのでは子どもの伸び方が違うんじゃないかと思いました!

かんがえるちからワーク(親子で取り組むワーク教材)

かんがえるちからワークのお試し教材は8課題ありました。これは通常号の約4分の1の量です。

年少さんの通常号の場合は1ヶ月が30問あり、かなり沢山のワークに取り組めます!

年中、年長になると1人で取り組めるようになってくるので1ヶ月分のワークがもっと増えます。

 

いっしょにおでかけブック(絵本型教材)

こちらの絵本型教材は通常号と同じページ数のものが資料請求で届きました。(14ページでした)

「〇〇さんはなんて言っていると思う?」などセリフの書かれていない動物さんが何て言っているのか考える部分があり「想像力」が伸びる絵本でした。

寝る前に読むとちょうど良かったです。

 

Z会幼児コースのメリット・デメリット

Z会幼児コースのメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

  • あと伸び力を身につけられる
  • ワークをひたすらこなすだけではなく実際に体験できるので「好奇心」「探究心」が育める
  • 絵本教材も読むだけでなく「想像力」を育めるような工夫がされている
  • 親子で取り組めるので今しかない親子時間を楽しめる
  • 学習習慣が身に付く

小学生・中学生・高校生になっても積極的に学ぶためには成功体験や好奇心・探究心が必要になってきますので、Z会幼児コースでは「今」に注目して今後の成長の基礎を育むための内容になっています。

デメリット

  • 親子で取り組むワークが多いので親も一緒になってやる時間が必要
  • 1ヶ月分のワークが多いと感じる時もある

「時間が必要」という点は、親子時間が取れるメリットでもあり、忙しい方にはデメリットでもある部分なので、資料請求をしてみて親子で取り組んでみての判断でOKだと思います✨

>>Z会の無料資料請求で教材サンプルをもらおう!

こどもちゃれんじとZ会幼児コースの比較

長女は1歳からこどもちゃれんじを受講していますので、今回Z会の資料請求で届いた教材サンプルをやってみて『それぞれかなり違う』と感じたのでどういった違いがあったのか書いていきます。

こどもちゃれんじ

  • こどもちゃれんじはエデュトイと呼ばれる知育玩具が最大のポイントで、届いた時に1番最初にやりたいというのが知育玩具。
  • しまじろうが登場するのと、知育玩具が楽しいので子どもがとっても喜んで興味を持って学びに取り組むことができます。
  • ワークが少ないので親の負担は少なめで、1人で取り組むことができます。

Z会

  • Z会幼児コースは主にワークを親子で楽しむ教材で、文字が読めるようになっても一緒にやった方が効果がありそう。
  • ワークは毎月30問はあるのでほぼ毎日できて学習習慣がつきやすい。
  • 1人で遊ぶ時間も増えて、親子で関わる時間が難しくなってくる年少さんでも親子時間を取りやすい。
  • 頭をかなり使うワークがたっぷり!ワークを30分ほど集中して取り組んだ後はとっても眠そうでした。

こどもちゃれんじの知育玩具は長く使えるのがgood✨楽しく学ぶにはこどもちゃれんじ良いです!

Z会は地頭がよくなりそう✨とっても頭を使って考えているのが感じられました!

まとめ

Z会の資料請求で届いた教材サンプルを体験するだけで、かなり子どもが成長したように見えました。

地頭が良くなるようなワークがたっぷりなので資料請求をして教材、お試ししてみてください♪

 

>>Z会の教材サンプルがもらえる無料資料請求はこちら

人気の記事

1

Z会の幼児コースの資料請求もうしましたか? 実際に届く教材をイメージしやすくてかなり興味を持てる内容 ...

2

今、プログラミング学習ができる教材が次々と増えてきていますよね。 というのも、やっぱりプログラミング ...

3

2022年7月に発売になったすみっコぐらしの『くみころパーク』を4歳になったばかりの長女が遊んだ様子 ...

-通信教材
-, , , , ,